奥さん!おたくの仮想通貨、取引所に置きっ放しじゃない?

スポンサーリンク

はい!どうもBit太郎です!

先日、CoinCheckNEMの不正送金事件があったわけですが、

bitcointarou.hatenablog.jp

 今回の事件では、取引所が保有しているウォレットのセキュリティ対策が甘かったためにおきてしまった事件だと言えると思います。

 

今回の事件についてぼくなりに考察してみた記事がありますので、こちらから見ていただけると幸いです!


bitcointarou.hatenablog.jp

 

さぁここからが本題なのですが、「CoinCheckはなぜNEMを不正送金されたのか??」で述べていたホットウォレット、コールドウォレットについてです。

 

CoinCheckの記者会見で、「保有していたNEMは全てホットウォレットで管理していた」という発言がありました。

 

ホットウォレットはネットワークに接続されているウォレットなので、ハッキングなどを受けやすくなっています。

 

そこで今回はコールドウォレットの一つであるハードウォレットについて紹介していきたいと思います!

 

ハードウォレットって?

ハードウォレットとはコールドウォレット(ネットワークに常時接続していないウォレット)の一種で、一つの機器で複数の仮想通貨を保有することができるのが利点です。

 

f:id:BitCoinTarou:20180129151305p:plain

 

コールドウォレットにはハードウォレットの他にペーパーウォレットなどがありますが、ペーパーウォレットなどはその名の通り紙に秘密鍵を印刷しただけのものなので、濡れちゃったり、破けちゃったりということが考えられます。

 

メリット

  • 常時ネットワークに接続しているわけではないので、ハッキングなどされにくい
  • リカバリーフレーズをバックアップしておけば復元可能

デメリット

  • 使い方を別途覚えなくてはいけない
  • 購入費用が高い(1万円程度)
  • 対応通貨が限られている(主要通貨は対応しているが草コインなどは対応していない)

ハードウォレットってどこで買えるの?

ハードウェアウォレットは正規店から買うのがマスト!!

この事項だけはしっかりと守ってください!
CoinCheckの事件があったので、仮想通貨をハードウェアウォレットで管理したい人がたくさん出てきて、在庫が無くなったりするかもしれませんが、オークションで中古品を買ったり、メルカリなどで買うようなことは避けてください!

どんな細工が仕組まれているか、わかりません!
せっかくセキュリティを高めるためのハードウェアウォレットなのに、それ自体がセキュリティホールだったら元も子もないですよね?

しっかりとした業者から購入することをオススメします!

 

 

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ホワイト)
 

 

 

 

上記の2種類が割と有名なハードウェアウォレットです!

  • TREZOR
  1. 使い勝手の良さ、使いやすさは3種類の中で一番!
  2. アカウントを複数作成可能!(個人用、家族用、法人用etc...)
  • Ledger Nano S
  1. 対応通貨数は3種類の中でトップ!(Rippleが保管できる!)
  2. 3種類の中で一番安い!(安いからといって性能が悪いわけではない!)

 

安全に仮想通貨を保管して、仮想通貨ライフを楽しみましょう!それでは!

 

あとがき

では今回もいってみましょう!

恒例の「ここで一句」コーナー!

 

ハードウェア

 

固めて安心

 

セキュリティ

 

お後がよろしいようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハードウェアのハードとセキュリティが強固のハードをかけたんやで!
あれ、これってかかってるっていうんやろか・・・

 

それではまた次の記事で!

コメントとか待ってます!(俳句へのコメントも待ってます!)